聖徳太子の1万円札を買取をしてくれる業者を見つける方法

最近は、ちょっとした工夫をするだけで聖徳太子の1万円札の買取をしてくれる業者がどこになるのかがわかるようになってきました。

やはり、リサイクルショップでも買い取ってもらうことができるので楽ですが、リサイクルショップの場合は高い値段にならないこともあるので注意です。

実際に私はリサイクルショップに古いお金を持っていきましたが、納得の金額にならない傾向にあったので、インターネット上から古銭買取専門業者を調べました。

パソコンやスマートフォンがあれば、その場で配送買取を依頼できるので、結局のところインターネット上から業者をピックアップしたほうが楽です。

ただ、配送料金がかかる可能性があるので注意が必要となります。いろいろな業者で結局のところ見積もり金額を出してもらってから、比較をすると良いでしょう。

買取実績を見ても、それらはあくまでも目安に過ぎないので、実際に見積もり金額を出してもらってから、最終的な結論を出すように意識した方が無難です。

古銭買取をする前の保存方法


せっかくこれから聖徳太子の1万円札を買い取ってくれる業者があるならば、可能な限り高い価値で買い取ってもらうべきです。そのためには、今からでも保存方法を考えておく必要があります。

残念ながら、古いお金の場合には、かなり年月が経ってしまっているため、あまり状態が良くないことも考えられるでしょう。

ですがそのような場合を除けば、今からでも保存状態を良くすることで価値を維持させることが可能になります。

ではどのように保存状態を考えたらよいでしょうか。古銭買取をする場合に高値で買い取ってもらうためのコツの1つが、まず温度を考えることです。

保存するときの温度は、人間の体温よりも低い位がちょうど良いです。人間の体温は36度位ですが、26から30度の間位で保存をすれば、そこまで傷む事はありません。

また湿度に関しては、50%から60%が維持できれば問題ありません。特に上のお金の場合には、注意が必要になるところです。傷みが激しくなるためあるいはカビが生えてしまうため、湿度にはとても気を使わなければならないところです。

古銭買取専門業者に買取依頼をした知人の体験談

去年、急逝してしまった私の父は聖徳太子の1万円札の収集が趣味でした。突然の病で亡くなってしまったため、私たち家族は膨大に遺された古紙幣の処分に頭を悩ませることになりました。

幸い父のコレクションの大部分は、身内や知り合いに貰ってもらうことができましたが、大量の古銭には貰い手が付きませんでした。

そこで、古銭買取専門業者 (コインセル kosen-coinsell.com/sub_genre/1万円札/) にまとめて引き取ってもらうことにしたのです。正直なところ、大量の古紙幣に価値があるとは思っておらず、古銭買取専門業者に代わりに処分してもらえれば助かるとしか思っていませんでした。

ところが、実際には思った以上に高値を付けていただき、買取代金を受け取ることができました。素人目にはただの紙切れのようにしか見えていませんでしたが、プロの目には違いが分かるのだなと感心したものです。

父の形見の古銭たちも、価値の分からない家族が持っているよりも、大切にしてくださるコレクターの方の手に渡った方が幸せでしょう。古銭買取で得られたお金は、父の供養のために使いたいです。

古銭買取をする際に注意すべきこと

古銭買取は自宅にある古い紙幣や硬貨などを現金と交換でき、不用品処分をするために考えると価値があれば多くの金額になって便利です。

古銭の価値は通常の商品のように時間が経過すると下がるわけでなく、レアな種類や歴史が長いと上がる傾向があります。

初めて古銭買取をするときは査定金額が下がらないように大切に管理し、安易に即決せずに比較してから決めるようにすると効果的です。

比較検討をするメリットは査定ポイントなどをアドバイスしてもらえ、査定金額を上げるためのコツをつかむきっかけになります。

古銭買取は店頭以外に出張や宅配などもあり、自宅から遠くて時間がない場合にも対応してもらえるため都合に合わせて選ぶと便利です。

査定金額は見栄えを良くすると上がる傾向があり、古いものになると新聞紙に包むことや専用の容器に入れると高く売れます。

古銭買取をする際に注意すべきことは相手が信用できるか確かめ、安易に即決せずに比較してから選ぶよう手順を決めることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *